「知りたいこと」がある

第16回日本静脈学会

瀬戸内西日本支部総会

2024年2/17(土)-18(日) 

兵庫県民会館 パルテホール

大会長:  山本 崇 (やまもと静脈瘤クリニック)

ご挨拶

 この度、第16回日本静脈学会瀬戸内西日本支部総会を、2024年2月17日(土)および18日(日)に神戸の地で開催することとなりました。

    当会は、静脈疾患の診療・研究に取り組む医師およびスタッフ(臨床検査技師、看護師、医療事務など)が、職種を超えて静脈疾患に関する事例を幅広く発表・検討することを目的として2006年に瀬戸内静脈研究会として発足しました。特徴は会員間での世代や職種の垣根を越えたコミュニケーションの良さであり、会員間の良好な関係性がオープンでアカデミックな議論を生み出す土壌となっています。私自身も知識の乏しかった頃からこの会に参加させていただき、基礎的なことから応用まで惜しみなく教えていただいたことを覚えておりますし、今でも参加するたびに何かを学ぶことのできる貴重な集まりです。

 今回は「知りたいこと」をテーマに掲げました。静脈疾患にはまだまだ解明されていない疑問が多くありますし、日常診療でも日々小さな疑問が生じます。そのような疑問点にスポットを当て、幅広く演題を募り建設的な議論を行いたいと考えております。もちろん、私自身が「知りたいこと」もたくさんありますので、こちらから発表をお願いすることもございます。

    このように、瀬戸内西日本支部会は静脈疾患に関わる方であればどのような職種・経験の方にとっても貴重な学びの場です。しかし、名称のとおり非常に広い地域をカバーしておりますので、開催地によっては関西から参加することは現実的に困難であることも多いです。それが今回は関西から気軽に参加できる貴重な機会となりますので、これまでこの会に関わって来られなかった方々も気軽に顔を出していただけると、主催者にとっては嬉しい限りです。

    最後になりましたが、これまでこの素晴らしい会を牽引して来られた先生方に感謝し、そしてこの会が今後もますます発展していくことを心より願っております。


第16回 日本静脈学会瀬戸内西日本支部総会大会長

山本 崇

(やまもと静脈瘤クリニック 院長)


神戸港のシンボル神戸タワーが、改修工事のために2021年より幕に覆われていました。SVFに間に合うか心配していましたが、やっと幕が外れさらに美しくなった姿が現れました。

2021年、足場の工事中です

2022年、完全にカバーされました

2023年秋、工事の終盤でまだ上にクレーンが残っています

2023年冬、カバーは外れましたが、入場はまだできません

happy new year

多数のご応募ありがとうございました。演題登録締め切りまでに十分な演題が集まりましたので、予定通り演題登録は締め切りました。プログラム・抄録集を鋭意作成しておりますので、追加の情報まで少しお待ちください

1/16 プログラムを公開いたしました

早期申込、直前申込、当日申込の期限を掲載いたしました。早期申込期間を過ぎると価格が上がり、また当日申込では現金決済のみとなりますので、悪しからずご了承ください。